赤ちゃん子作りの男性と女性の違い

不妊治療において、男性と女性のとらえ方や意識には違いがあると言われていますが、最近ではその温度差は少し縮まった気がします。

病院などで、どうしても男性が治療に参加しなければいけないケースとして男性不妊がありますが、これまでは男性自身もよくわかっていないということも多かったようです。

不妊症というと女性側だけの問題のように思われていましたが、実は男性側にも原因はあります。

このままではいけないということで、国や自治体でも男性不妊に目を向けるようになってきているようです。

このような流れは、男性が不妊治療に積極的に参加してくれる1つのきっかけになると思います。男性不妊の認知が広まり、ひいては無精子症ではない方も「俺も、検査に行ってみよう」と啓発されるのではないかと思います。

それでもやはり、女性と男性は「産む性」「産まない性」という本質的な違い、または男性が持つプライドのせいなのか、積極的に病院に行こうとしなかったり、検査や治療を受けたがらないという女性側の悩みも多く聞きます。

奥様からはいいづらい。ご主人も、妻からしつこく言われたら引いてしまう。。。そうなると、ご夫婦でしんどくなってきますよね。

なので、当院では「妊活基礎講座」を開催しています。

セミナーに参加する利点は、他のご夫婦を見られること。男性は悩みを親しい友人にも打ち明けられず、独りで閉じこもってしまいがち。

一緒に参加している人達を見て「悩んでいるのは自分達だけではないんだ」と安心して、ハードルがぐっと低くなるはずです。

また、特に男性は医学的な説明や、数値での裏づけがあるものを信用するという部分があります。

奥様から個人的な感情も含まれた話を聞くよりも、医療者からデータに基づいた客観的な情報を聞くほうが理解しやすいし、冷静に受け止められるのではないかと思います。

これまで、1度セミナーに参加したり、私から話を聞くだけで、ご主人様の気持ちはずいぶん変わってきた方を多く見てきました。

よくわからない物に対しては抵抗や恐れがあると思いますが、1度詳しく知ってしまえば、その後はスムーズにいくと思います。

妊娠についてあまり知識のない男性の場合は、治療が始まってからも「体外受精は絶対に嫌だ。なるべく自然な形がいい」など、治療法やそのスピードなどで奥様側の考えとすれ違いが起こることがあります。

こういったトラブルをなくすためには、治療を始める前の過程でよく話し合って確認することが大切だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加