卵管のトラブル

卵管のトラブルについて

● 卵管が狭くて受精卵が通れない

卵管の一部に癒着があって狭くなり、卵子や受精卵が通りにくくなっている

場合があり、これを卵管狭窄といいます。子宮内膜症やクラミジア感染症で

起こるほか、先天的な卵管の形状異常という場合もあります。

● 頸管粘液が足りてなくて精子が進めない

膣内に放出された精子は、膣と子宮をつなぐ子宮頸管を粘液の波に乗って

泳ぎ、子宮へ向かいます。排卵時期に頸管粘液の分泌がふえますが

分泌量が少ないと精子が前に進みにくくなります。クロミッドの副作用で

減る事もあります。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

卵巣機能低下症について詳しくはこちら

卵巣機能低下症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加