子宮の状態について

子宮の状態について

● 子宮の状態が悪くて受精卵がくっつかない

子宮に出来る良性のこぶである子宮筋腫は、筋腫が発生した位置や

大きさによっては、着床の妨げになることが。

また、子宮内膜にポリープがあると受精卵が着床しにくくなる

可能性があります。

● 子宮内膜が薄くて受精卵がもぐり込めない

排卵すると卵巣から出る黄体ホルモンによって子宮内膜が

厚くなり、着床の準備をととのえます。このホルモン分泌の

不足を黄体機能不全といいます。

習慣性流産について詳しくはこちら

習慣性流産

習慣性流産に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加