不妊治療と運動

妊活をしている女性にとって、どうすれば赤ちゃんを授かれる

体を維持できるのかは重大な問題です。

妊娠しやすい体の条件は「卵巣・子宮・母体が健康であること」

です。そのためには、日々の生活を整える事が大切です。

ここで5つの習慣を始めましょう!!

① ウォーキングなど適度な運動を続ける

卵巣への血の巡りをよくするためには、全身の血流を改善する事

が必要です。毎日30分程度のウォーキングや風呂上がりの

ストレッチなども取り入れましょう。

② 1日8時間の睡眠時間を確保

正しい睡眠は、母体や卵巣、子宮の状態をよくします。

夜0時までには寝るようにしましょう。

③ 1日3食バランスのいい食事を取る

バランスのいい食事を3食取ること。この食事が体質改善に

つながります。

④ 体を冷やさない服装をする

腰周りや足先など、下半身を中心に体を冷やさない服装をする。

夜も、お風呂でお湯につかって温めたら、湯上りは薄着をせず

きちんと靴下をはくことです。

⑤ たばこと深酒をやめる

たばこは血管を収縮させ、血液のじゅんかを悪くさせるなど

不妊の原因になると考えられます。お酒も、飲み過ぎないことに

注意しましょう。

妊活の参考にしてくださいね(^^♪

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

 

人工授精について詳しくはこちら

人工授精

  • このエントリーをはてなブックマークに追加