妊活を始める前に・・・

これから妊活をはじめられる方が、気にされるのは

「不妊検査って、どういうことをするの?」とか

「不妊治療って何をするの?」

「痛い?」「辛い?」「お金はどれくらいかかるの?」
などが多いと思います。

でも、その前に知っておいていただきたいのは、「これから体がどう変化し、赤ちゃんを宿すのか、出産するのか」ということです。

ここをきちんと踏まえて施術を受けないと、「妊娠するための施術」になり、必要であるのかないのかもわからない検査をしたり、必要以上に薬を使ったり、十分な力を持っているのにもかかわらず、医療に過剰に頼ったりすることになります。

あなたが、ママになるための1つに大きな通過目標として「妊娠」があります。

この妊娠をするためには、あなたに何が足りないのか、何を補う必要があるのか、何を助けたらようのか、これから知っていかなくてはなりません。

そのために、今一度「妊娠する」ということをおさらいしていきましょう。

①卵子が育つ過程

左右の卵巣の中には、卵子の元となる原始卵胞があります。

月経周期の始めに10~20個前後の原始卵胞が、脳下垂体から分泌される主に卵胞刺激ホルモン(FSH)の作用により成長を始めます。

卵胞期の前半になると、そのうちのホルモンに対して最も反応のよかった1つが主席卵胞となり、さらに発育をします。

その他の卵胞は、発育が止まり体に吸収されます。

②卵胞が成熟し、排卵される過程

主席卵胞が十分に発育をすると、黄体ホルモン(LH)の急上昇が起こり、卵胞が弾けて卵巣から卵子が排卵されます。

排卵までの日数には個人差がありますが、妊娠が成立しない場合の排卵から月経までの期間は、黄体機能不全がなければ約14日間でほぼ一定だといわれています。

つまり月経周期は、排卵までの期間によって決まり、排卵までの期間が長ければ月経周期日数は長くなると言えます。

③排卵され、射精された精子が卵管膨大部へ向かって泳ぐ過程

排卵時の卵管菜は、卵巣表面に覆いかぶさるように密着し卵子を取り込むと言われています。

精子は、性交によって女性の膣内に射精され、卵管膨大部へ向かって泳ぎだします。

1回に射精される精子は数億匹、秒速0.1mm、30分で約18㎝進むと言われています。

しかし、女性の膣内に射精された精子は、フローバックという形で淘汰され、また子宮頚管部へたどり着く間に膣内の酸により死滅し、ここでも淘汰されます。

さらに卵管膨大部へ上がっていく際に左右に分かれ、排卵のない側の卵管へ上がっていったものの、途中で力尽きたもの、前進運動できなくなったものなどが淘汰されていきます。

続きは次回のブログでお話していきますね(^^♪

あなたが、不妊症でお悩みでしたら是非一度、かたの夢整体院で体質改善して「卵子の質」を向上してみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

安心の返金保障制度

※返金保障制度は初回料金のみ有効です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加