あなたは、妊娠できる体になっていますか?

「赤ちゃんがなかなかできずに悩んでいたけど、念願の我が子を授かりました」

「病院の先生に【体外受精でなければ妊娠がむずかしい】と言われ、夫婦で落ち込んでいましたが、体外受精する前に自然妊娠しました」

「不妊治療を始めて3年。なかなか結果が出なかったのですが、3ヶ月で妊娠することができました。まさかこんなに早く成果が出るなんて!」

私のもとには、このような喜びの声が続々と届いています。彼女たちには共通点があります。

それは、「1日2ℓの水を飲んだこと」です。

日本では今、「赤ちゃんがほしい」と望んでいるのに、なかなか妊娠できずに悩む人が増えています。

私が初めにお伝えしたいのは、「妊娠できる体づくり」が妊活スタートだということです。

そして、妊娠できる体に体質を改善することが、元気で健康な赤ちゃんを授かるだけでなく、妊娠中や産後を健やかに過ごすためにも、とても大切であるということです。

不妊や生理不順、生理痛、不正出血、更年期障害など、女性特有のさまざまな不調は、昔から「血の道症」と呼ばれてきたことからもわかるとおり、体の血の巡りと深く関係しています。

全身や骨盤内の血液循環が悪くなると、子宮や卵巣といった女性臓器の機能も低下していきます。

全身の血液循環が悪くなると、体の「冷え」を招きます。体が冷えると、全身の働きを調整する自律神経やホルモンも乱れて、婦人科系の不調につながるのです。

私の不妊整体の特徴は、当院の施術や病院の不妊治療に頼るだけでなく、患者様自身が生活習慣の改善を通じて、自分で「妊娠できる体づくり」に取り組んでいただくことにあります。

妊娠できる体とは、言い換えれば、心身ともに元気で健康で、子孫を産み育てていくためのエネルギーが十分に備わっている体ということです。

体質というと、生まれながらに備わったもので、変えることはできないというイメージがあるかもしれません。

しかし、体質の中には、それまでの食生活や生活習慣、生活環境が大きく影響しているものもあります。ですから、自分の考え方や行動を変え、生活習慣を改めることで、よりよい体質に変えて行くこともできるのです。

病院での不妊症の治療は、妊娠できる体に変わるための体質改善まで面倒を見てくれるわけではありません。

体質改善は、本人にしかできなことです。これからの妊活や不妊治療では、体質改善という観点がますます重要視されるようになると思います。

妊娠できずに悩む人の中には、病院で検査しても原因が見つからない「原因不明不妊」や、2人目の子供をなかなか授からない「2人目不妊」、妊娠検査で一度は陽性反応が出たものの妊娠には至らなかった「授かり流産」などに苦しむ人もたくさんいらっしゃいます。

こうしたケースは、病院での不妊治療が難航しがちですが、体質を改善することで妊娠に成功した女性たちを私は数多く見てきています。

体質を改善すると、冷え性や便秘、むくみ、肌荒れ、生理痛、生理前・生理中のイライラや体調不良など、心身のさまざまな不調が消えていきます。

そうした体のバランスが整い、体と心が元気になっていくことが、「妊娠できる体づくり」につながっていくのです。

参考にして下さいね(^^)/

あなたが妊活でお悩みでしたら是非一度、かたの夢整体院で体質改善を行い、卵子の質の改善をしませんか?

あなたのご来院をお待ちしております。

安心の返金保障制度

※返金保障制度は初回料金のみ有効です

lineからの予約方法