【妊活】冷え性について

今日も1日お疲れ様でした(^^)/

かたの夢整体院、山本です。今日も妊活についてお伝えしますね(^^♪

今日のお題はこちら「冷え性」について(タップすると動画が始まります)

「手足が冷たい」「足先が冷たくて、寝付けない」「手足が冷えるわりに、体温が36~36.5度前後ある」といった状態は、典型的な冷えを言えます。

冷えを起こす要因は、いくつかあります。

まず挙げられるのは、体を動かす機会が少なくなったことによる筋力の低下です。というのも、体温の約4割は筋肉で作られるからです。

私達は昔に比べ、電車や車、自転車に乗る機会が増え、歩く事が少なくなりました。

洗濯も洗濯板を使うことはなくなり、家事全般で機械化が進みました。仕事でもデスクワークが増え、筋肉が自然についたり、体を動かしたりすることが減ったのです。

その結果、日本人の平熱は数十年前に比べ1度ほど下がり、だいたい35.8~36.2度となっています。

体温が1度下がると免疫力が3割落ちると言われており、平温が36.5度の人に比べ、35.5度の人の方が、それだけで風邪をひきやすかったり、病気にかかりやすかったりするのです。

食生活の変化も理由の1つです。例えば、体を冷やす生野菜が、いつでも食べられるようになったこと。健康志向によりグリーンスムージやグリーンサラダなどが人気ですが、半面、体を冷やす原因にもなっています。

他に、ストレスも要因です。ストレスがあると、自律神経のうち交感神経が優位になります。交感神経は、血管を収縮させる働きがあるため、血流が悪くなり、冷えを引き起こすのです。

オシャレによる薄着や体を締め付ける補正下着なども冷えにつながります。このように、様々な要因が重なって冷えが発生しているのです。

安心の返金保障制度

※返金保障制度は初回料金のみ有効です

lineからの予約方法