枚方から2人目不妊整体でお越しの患者様の質問

当院に来院の2人目不妊の患者様からの質問です。

「2人目不妊の施術再開後、4ヶ月たちますが、上の子供がいての病院や整体院の通院は身内に世話や留守番を頼んでいても、精神的・物理的に結構しんどいです。
子供を抱えての2人目不妊施術は子持ちのコントロールが難しいです。期限最大で1年だと思っています。1人っ子でもいいかと思いつつ、主人は無言の雰囲気の中にもう少し頑張ってほしい気持ちがみて取れるので辛いです。どのような生き方をすればいいですか?」

このお悩みは多く質問を頂く内容です。

2人目不妊で一番陥りやすいのは、1人目であんなに苦労したはずなのに、2人目はすぐできそうな気になる事なんです。

1人お子様がいているので「すぐに妊娠できる・・・」と思ってしまうのかもしれませんね。

そんなことはないと思われるかもしれませんが、例えば、体外受精の胚移植で妊娠できた時よりも、自分のなかの期待感が若干違っていたりしませんか?

しかも、1人目のお子さんがいらっしゃるから、どこかで「時間を短くやっちゃおう」っていう気負いが入ってしまう。

だから、2人目の時には「できねばならぬ」みたいな使命感でしんどくなってしまうことがよくあります。

ただ、自分は妊活を辞めたいのに、ご主人が「もう1人欲しい」と考えていらしゃるとしたら、それは結構つらいことだと思います。

妊活のしんどさって、男性はわかっているようでわからないものです。言ってもわからないんだったら、ハッキリと妊活がしんどいことを伝えて、協力してもらいましょう。

「ちょっと休憩してもいいかな?」とか、「またあんな思いをしながら子育てするのはしんどい」など、ご主人には飾りのない本心を伝えるべきだと思います。

優しい方なら、なおさら。こちらは「もう妊活は辞めたら」と言ってくれるのを待っているのに、案外気づかず励まし続けてくれているのかもしれません。

私は、2人目不妊の患者様には「2人目は1人目の2倍かかると思って、体質改善してください」と時々言います。

施術に通うのも子育てしながらっていうことになると、時間的、あるいは経済的な制約がかかってくるかもしれません。

くれぐれも2人目不妊は、「できて当たり前」と思わないこと。1人目であんなに苦労されたことを忘れずに体質改善に努めてくださいね(^^♪

あなたが、妊活でお悩みでしたら是非一度、かたの夢整体院の不妊整体で「卵子の質の向上」をしてみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

安心の返金保障制度

※返金保障制度は初回料金のみ有効です

2人目不妊について詳しくはこちら

2人目不妊

2人目不妊に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加